自分がモンスターにならないために

モンスターペイシェントとは第三者から見れば異常な行動として見られてしまう事もありますが、潜在的に誰しもがその様になってしまう可能性がある姿です。人はストレスを感じると、攻撃、若しくは逃避の判断の選択状態に陥り、いつでも行動が取れるように高いエネルギーを体内に作り出す事があります。本来であればストレスを与えている物に対して攻撃、若しくは逃避を行ない、エネルギーは開放される物ですが、ストレスを与えている内容が攻撃、若しくは逃避もできない内容であれば、違う内容を擬似的に置き換えエネルギーを開放させようとします。つまり、この状態がモンスターペイシェントを起こしている事もあります。

従来の日本では、人との繋がりが強く、コミュニティの中で遊びや会話などからエネルギーを擬似的に開放させていたものですが、現代の社会ではコミュニティが崩れ、孤立してしまっている人が多く現れています。この様な孤立をしている人がストレス状態に陥れば、そのエネルギーの開放先というのは学校や医療機関などに向けられてしまいます。モンスターペイシェントにならないためには、健全なエネルギーの開放先を作り出す事が重要であり、友人を多く作ったり、職場における人間関係を良くして行く事が大切になります。エネルギーが開放される時と言うのは、それが快感となりストレス発散として依存性が強まってしまう事もよくあります。異常な形でこの様な快感を何度も感じてしまうと、社会的な一般常識の目を失い、客観的に自分自身を見失ってしまう事もあります。必ず健全な人間関係を構築して、第三者から見る自分の姿の認識を高めておく事も大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です